ココロ穏やかのおまじない

主婦歴2年目のひよっこ 北欧好きなインテリアコーディネーター

Finlayson Love

近年日本でも浸透してきた
北欧のテキスタイルブランド
Finlayson:フィンレイソンが好きです。
壁紙やカーテン、マスキングテープや、バックにバスケット等、色々なものを見かけるようになりました。

去年フィンランド ヘルシンキのフィンレイソンショップで購入したテーブルクロス 「コロナ」をダイニングで使用しています。

店員さんにカットしてもらう時
英語で1.6メートルって言えなくて
困りました。
小数点の表現が‼︎わからない⤵︎
旦那が160㎝と機転をきかせ助け舟をだしてくれました。

先にマリメッコのショップも見たけれど、好きな柄はダイナミックすぎて部屋にあわせるのが難しい。
せっかく北欧旅行にでかけたなら日本にまだ直営店のないフィンレイソンにしようと購入を決めたのです。

それから1年
今度は同じ柄のキッチンマットをお迎えしました♡
今までのマットより厚みがあってふっくら。極上な踏みごごち‼︎
壁側にどんどん片寄って困りモノだったのに、そんな悩みも解決できました。
5000円から8000円のマットにグレードアップ。大切に使います。

f:id:yuzuha-luna:20180712185052j:image

カフェ巡りとカメラ散歩

月に1〜2回程度は土曜日か日曜日に休みをもらいたかったこともあり、半年前にパート勤務にしてもらいました。

 

なかなか休みが合わず遠出もし辛かったため、行きたい所はヤマほど‼︎

おとついが待ちに待ったお楽しみの休日♡

行き先の候補が四方八方にありすぎて、前日まで悩みました。

悩みぬいた結果、古民家カフェでまったりしたい気分だったので、山合いの棚田エリアにあるお店でランチをしてきました。

雑誌でみて雰囲気に自ずと魅かれてしまいました。

『阿吽山房 』名前にも風情を感じます。

f:id:yuzuha-luna:20180606002940j:image
f:id:yuzuha-luna:20180606002935j:image

 

予約しておいて正解でした。オープン50分前に早々着いてしまいましたが、先にもう駐車場で待機している方々が。

その後も続々お客様が到着。

メニューは多くはなく、忙しそうでややパニックみたいでしたが、和食の優しいメニューのお膳をおいしくいただきました。

f:id:yuzuha-luna:20180606003028j:image
f:id:yuzuha-luna:20180606003023j:image

カメラ散歩もテンションあがる景色とお食事と、趣きのある建物。

窓前に広がる緑たちと山や空を臨む開放感。

とっても落ち着ける素敵なカフェでした。

 

 

 

ダイソン神話に逆行 スティッククリーナーのお話

最近ショックだった出来事
vitantonio の掃除機がこわれた。

充電器にセットしても通電ランプもつかず
バッテリー切れ。
まだ購入して2年足らず、クイックルワイパーがほとんどで掃除機サボリ気味。
使い込んだ気がしないのに敢えなくサヨナラ。
お客様窓口に問い合わせるも、修理費用が新品購入時の1.5倍だったのです!!
あっさり諦めリサーチに電気店へ。

たかが掃除機、されど掃除機
まさかこんなにテンショ上がるとは予想外。
Electrolux にビビビ☆☆☆でした。

理由は
布団クリーナー用のベッドがついていたのがとても魅力的。
実家では母と一緒にレイコップを使ってました。
しかし今のアパート暮らしを快適にするための心得は
『物を増やさず、収納スペースにゆとりを確保し続けること』だと思っています。

布団専用クリーナーを単体で置くのは保管場所と使用頻度のバランスを思うと
購入はためらいます。
エルゴラピードなら1台で部屋の掃除も、寝具のお手入れも
両方こなしてくれます。
掃除機で旦那がマットレスのお手入れをマメにしてくれるので
UVライト付のこのオプションが私の心を撃ち抜きました。

 

 

家電製品には疎くこだわるタイプでもありません。
最低価格ラインで探すつもりが、まんまとやられました。
電気やさんの思惑通り。消費者心理あるあるでした‼︎

 

f:id:yuzuha-luna:20180524231351j:plain

 

(またスティックタイプなのでバッテリーが短命で元が取れずに最期がこないか

いささか不安ですが祈るしかないですね。)

新年度のイベントは蚊帳の外


あっとゆうまに桜の時期もおわり。
先週夜桜も、また別の日には昼間にも
両方お花見に行けて満足です。

 

f:id:yuzuha-luna:20180412000237j:image

 

そしていつのまにかGWもすぐそこへ‼︎

月末までの仕事が無事おわれば
5月の初めは連休がとれるハズ
と信じて毎日奮闘中。

 

新年度が始まったため巷は入園入学の話題で盛り上がりまくり。
このままずっと大人2人の生活だったら、毎年かやの外感ハンパなく感じる季節かもしれません。

 

夫婦どちらも子どもが好きなワケでもないし、絶対ほしいとも思ってないから今のとこ気楽にかまえてます。

母いわく。幼い頃私は「お母さんみたいに専業主婦になりたい」といっていたらしいです。
しかし子ども産まないのに専業主婦の道は選択しにくい。社長夫人とかなワケでもないし。
妊娠できたら堂々と専業主婦の夢が叶うのに、とか歪みがちに考えてしまうこともあります。

 

まだまだ働き続けなければならないこと、
しかし主婦業をゆとりをもって楽しみたいこと、
それぞれ折り合いをつけるためパート勤務になりました。
しかし勤務時間をパートに変更しても、担当の取引先を一切減らしてもらってない状態。結局残業だらけです。

繁忙期越えたら早上がりして家で過ごす時間を取り返そうと耐えてます。
正社員だったらそれもできないから。
そこがパートに切り替えた理由の一つです。

あと20日でひと区切りつきますように。

デンマークデザインに浸る休日

先日、デンマークデザイン展へ
でかけてきました。去年から楽しみにしていた企画展です。

 

定番の名作がズラリと勢揃い。
カールハンセン、フリッツハンセン、フレデリシアにPPモブラー、フィンユールの家具、ルイスポールセンのライトやロイヤルコペンハーゲンの器たち。

 

自由に座って試してOKなチェアーのコーナーもありました。
デンマークデザインのくつろぎチェアーは日本の家具とスケール感がやはり違い驚きました。
本体が大きいせいか動かしやすいようコマ付きの設計だったり。

 

フィンユールのソファやアームチェアーがサイズ感もデザインも共に魅力的でした。

 

ミュージアムショップでかわいい缶のクッキーと大きなポストカードを記念に購入しました。

 

f:id:yuzuha-luna:20180324004400j:image

 
家に帰って夕食をとれば
鍋はDANSK
スープボウルはgreengate
スプーンはカイ・ボイスン


洗い物をしながら
外出先でも家でも、デンマークに浸ってすごした休日だったと気がついて夜が更けていきました。

 

気長に目指す北欧interior life

1年前の今頃は新婚旅行の計画を進めていました。
行き先は私の希望で北欧4ヶ国ノルウェーデンマークスウェーデンフィンランド
足早な弾丸ツアーでしたが天気に恵まれたおかげもあり満足のツアーでした。
フィヨルドクルーズや山岳鉄道に乗ったりしながら、日本とは違う大自然のスケール感に感動。1泊は客船ですごしながら綺麗な日没を観られたことにも。

 

f:id:yuzuha-luna:20180312002547j:image

10年も前、新婚旅行はイタリアかフランス、とおぼろげながらに夢みていました。
しかし、婚期を逃し続けたまま、長年インテリアコーディネーターの仕事をしていくうちに心がかわったんですね。

そして今、旅行先を北欧にしてよかったと改めて気づいたことがあります。

旦那は私のファッションを見て「その服〇〇に出かけた時に買った服だね。」
という具合に記憶力がすごいです。
そんな会話からお出かけの思い出話に花が咲き、幸せな気持ちになります。

インテリアに全く興味がない旦那でも、旅先のホテルやお店で見た椅子とか、
立ち寄ったお店は2人で共有できる思い出になります。
「あの時これ〇〇でみたよね。」「レストランで座ったのと同じ椅子だよ。」
私からも話題にして盛り上げたくなります。


iittalaもmarimekko
セブンチェアもYチェアもHAYやartekだって
旅行中、あちこちで反応しては写真におさめてきたのです。

彼が知らなかった北欧アイテムを少しづつ情報を分け与えながら
ムダ遣いといわれないようゆっくりと
理想の北欧インテリア空間に近づけていきたいです。
彼が社会人になってから使い続けているニトリのダイニングセットから
いつか卒業するのが目標です。

 

f:id:yuzuha-luna:20180312002626j:image

 

夫婦のインテリア観のハードル

北欧ビンテージな家具に憧れます。
あとイギリスですがアーコールのアンティークショップも好き。
ユーズドのクロスバックチェアを1脚使ってますが、クェーカーチェアも揃えたい。
でも旦那は潔癖気味で「使い古しは嫌だ。新品を買って」といいます。
「誰がどんな使い方してたかわからない家具を持ち込むなんて」とか。

そして座面が木のイスもお尻が痛いからダメだそう。チェアパッドを試させたけどまだ納得してくれない。

先月京都旅行で行ったカフェで素敵なインテリアに出会いました。
timepiece cafe
壁に飾り棚のあるお部屋、賃貸ではハードル高いけどいつかの夢です。

 

f:id:yuzuha-luna:20180304194336j:image


テーブルの天板の切れ目が気になって下から覗きたくなったり控えめにキョロキョロ。しかし残念ながらわかりませんでした。エクステンションとか広がるタイプのダイニングテーブルでしょうか。

イッタラの限定オリゴプレート 赤色
で抹茶のタルトをいただきました。
ケーキセットをオシャレな空間で味わい
くつろげました。

 f:id:yuzuha-luna:20180304194359j:image

 

これからもあちこち一緒におでかけして、少しづつビンテージの温もり感や魅力をわかってもらえたらいいなぁ。