ココロ穏やかのおまじない

主婦歴ようやく3年目 北欧好きなインテリアコーディネーターの気晴らしブログ

雑貨コレクション現在進行中

子どもの頃から雑貨を飾るのが好きだった。
小学校6年生、中学生の頃、巷ではカントリー調がブーム。
テディベアやハートのモチーフが好きで、ステンシルセットの塗料やプレートを
ベルメゾンやら近くの手芸やさんで買って心が弾んだ記憶も。

当時の住まいは、ひいばあちゃんの代に建てたお家で、
昔ながらのふるーーーい日本家屋。

私が中学生になる頃、おじいちゃんおばあちゃんは寝床を客間へ移し、
もらったお部屋は6畳 床の間、縁側つきの和室。
畳全面に絨毯を敷いて、妹と机(前に衝立みたいな本棚とライトのついた机)を向かい合わせに。


母に連れられて出かけた地元の古びた内装屋さん。
そこでカーテンとカーペットを選ばせてもらったのがうれしくて
今でもはっきりと覚えています。
ライトブルーのカーペットと
風船やらなんやら淡い緑やブルーで小さな柄のついたアイボリー系のカーテンを。

 

そして床の間は私と妹のタンスを1台づつ置き着替えスペースにしてました。
その隣の押入れに毎日朝晩と布団を出し入れする日々。

今書き進めながら思い出し、なんだか懐かしくなります。
なぜなら、もう20年以上ベッドの生活が長いですから。
今頃の子どもは朝から布団を畳んで、押入れの上段に持ち上げて、
なんて日常経験がないかもしれませんね。

 

自分の空間をもらえたこの頃から、インテリアに興味関心が強くなっていった私。
カラーボックスや机に雑貨やさんで購入した小物たちを並べて飾って
模様替えしながら楽しんでいたのでした。

 

大人になった今でもかわいい小物集めが大好きで棚の上は満席。
影絵みたいに映し出された壁面も絵になっているような。
旦那が気づいて教えてくれたのですが、
夜ならではの眺めも鑑賞できるコーナーになりました。

 

f:id:yuzuha-luna:20181030010006j:plain

 

台風の不可抗力

台風が発生するたびに今年は見事に日本列島を直撃ですね。
先週末、仕事は臨時休業になり家籠り。
4回くらい防災情報のアラームがスマホから鳴り響きました。
長い時間雨が降ったけど、無事過ぎ去ってくれました。

そして今週週明けからいつもの業務へ戻り、発注業務のため新築中の現場へ。
ところが着いてびっくりでした。進捗が前例ないくらいに遅い‼︎
外壁はまだ下地、室内 天井もまだ、階段 まだ!!
2階にあがれず、(ハシゴは怖いし、どのみち進行を待って出直し)
この日は足運び損でした。
台風ばかりのこの状況、致し方なしです。

流通ルートが被災したり、工程組み直したり、またもや台風がきたりパニックの様子。
全国あちこち、施工側もお施主様も予定通り進まずヤキモキしているのでしょう。


悪天候による心配要素はあるけれど
スムーズに運べば『11月』は自分の仕事で大きく一区切りつく月。
入社して7年、気づけば(会社全体人出不足で)本来の部署の業務ではない取引先ばかりの担当が増えていきました。
この春異動して、ようやく引き継ぎ&携わった現場が来月終了します。
一般ユーザーの商談を望んで転職したのに、苦手な種類の業務が集中して辛い日々でした。


プライベートに必要な時間を確保するため正社員から昨年パート社員になったのですが、業務負担は全く減らしてもらえなくて・・・(*_*)
やっとこさ改善の時期がきました。
ここ数年味わえなかった解放感にひとまず浸りたいと思います。

 

f:id:yuzuha-luna:20181006004307j:plain

 

 

 

 

 

非常時の備え まだまだこれから

今週のお題「わが家の防災対策」

防災グッズ と聞いてもどこからどこまで準備したらいいのか

さっぱりわかりません。

しかし、台風に、大雨による浸水、最近頻発するニュースを見ていると

必要性を実感します。

 

かれこれ十数年、使ったこともないけど捨てられなかったもの。

今さらながら初めて正常に作動するかどうかテストしました。

f:id:yuzuha-luna:20180912132839j:plain

 

派遣社員時代お世話になったテンプスタッフからのいただきもの。

懐中電灯の豆球の予備まで入っててびっくり!

ラジオもバッチリ聴くことができます。引越しの際、実家から持ってきてよかったです。

 

北海道の地震で停電の話題も多ことから、電気が使えない場合に家で過ごす

ための備えも大切ですね。

避難所行きのことばかり心配していて、認識が甘かったと思います。

 

 スマホが水没、故障した際とか万が一の時、家族や親戚の連絡先がわからなくなったときの対策も必要でしょう。

暗記が苦手な私、携帯番号って自分の番号1つしか覚えてません。

 

今回、はてなブログのお題のおかげで色々いい情報収拾ができそう。

皆さまのブログも参考にさせていただきます。

 

山口 角島、青海島 、チームラボ etc 盛りだくさんのカメラ旅

楽しみが目白押しだった8月も
あっとゆうまに過ぎ去り
いつもの日常が戻ってきました。

花火大会から始まり
結婚記念日ディナーに
実家での晩餐
写真スポット巡り&温泉旅行へも。

お盆に角島と元乃隅稲成神社など
日本海の絶景を満喫してきました。

f:id:yuzuha-luna:20180825004111j:image

f:id:yuzuha-luna:20180825004145j:image
f:id:yuzuha-luna:20180825004107j:image
南の島でもないのに山口の海は
とてもキレイで感動‼︎
なかでも青海島クルーズを盛り込んだのが大正解。
荒々しく力強い、雄大な自然の景色を船の窓から身近に観賞することができます。海はエメラルドグリーン。

秋芳洞にも立ち寄り、大自然を一通り巡り、最後は宇部市ときわ公園の『世界を旅する植物館』へ。

f:id:yuzuha-luna:20180825004303j:image


ちょうど旅の2日前にチームラボ の企画を発見。急遽日本海から瀬戸内海まで突っ切ることに。植物園は通常300円のところチームラボ企画は500円。チームラボのネームバリューで、たった200円の差額とはお得な気分でした。

カメラ旅にはうってつけのコースで
大満足の2日間。
しっかりリフレッシュした休暇でした。

 

キッチンは主婦の城

毎年夏になるとほしくなるもの
それはキッチンスツール
バテて体力の消耗が激しいときに
キッチンに立つのはつらいです。
ちょっとでも座れる時間を確保したい。

先日ついに覚悟を決めて
artek  アルテックのハイスツールを
購入しました。

決め手になったのは夏以外の時期は
小物や花瓶を飾ったり、カバン置きにもできる安定感。
ちょっとだけ控えめな高さで背板がついているのもポイント。

北欧旅行でノルウェーのホテルの
部屋にもアルテックのデスクやチェアーがあったり、伝統デザインの浸透度の高さを垣間見れました。

そしてこの度、
フィンレイソンのキッチンマットと共に
北欧インテリアにまたステップアップできて大満足です。

f:id:yuzuha-luna:20180722195823j:image

Finlayson Love

近年日本でも浸透してきた
北欧のテキスタイルブランド
Finlayson:フィンレイソンが好きです。
壁紙やカーテン、マスキングテープや、バックにバスケット等、色々なものを見かけるようになりました。

去年フィンランド ヘルシンキのフィンレイソンショップで購入したテーブルクロス 「コロナ」をダイニングで使用しています。

店員さんにカットしてもらう時
英語で1.6メートルって言えなくて
困りました。
小数点の表現が‼︎わからない⤵︎
旦那が160㎝と機転をきかせ助け舟をだしてくれました。

先にマリメッコのショップも見たけれど、好きな柄はダイナミックすぎて部屋にあわせるのが難しい。
せっかく北欧旅行にでかけたなら日本にまだ直営店のないフィンレイソンにしようと購入を決めたのです。

それから1年
今度は同じ柄のキッチンマットをお迎えしました♡
今までのマットより厚みがあってふっくら。極上な踏みごごち‼︎
壁側にどんどん片寄って困りモノだったのに、そんな悩みも解決できました。
5000円から8000円のマットにグレードアップ。大切に使います。

f:id:yuzuha-luna:20180712185052j:image

カフェ巡りとカメラ散歩

月に1〜2回程度は土曜日か日曜日に休みをもらいたかったこともあり、半年前にパート勤務にしてもらいました。

 

なかなか休みが合わず遠出もし辛かったため、行きたい所はヤマほど‼︎

おとついが待ちに待ったお楽しみの休日♡

行き先の候補が四方八方にありすぎて、前日まで悩みました。

悩みぬいた結果、古民家カフェでまったりしたい気分だったので、山合いの棚田エリアにあるお店でランチをしてきました。

雑誌でみて雰囲気に自ずと魅かれてしまいました。

『阿吽山房 』名前にも風情を感じます。

f:id:yuzuha-luna:20180606002940j:image
f:id:yuzuha-luna:20180606002935j:image

 

予約しておいて正解でした。オープン50分前に早々着いてしまいましたが、先にもう駐車場で待機している方々が。

その後も続々お客様が到着。

メニューは多くはなく、忙しそうでややパニックみたいでしたが、和食の優しいメニューのお膳をおいしくいただきました。

f:id:yuzuha-luna:20180606003028j:image
f:id:yuzuha-luna:20180606003023j:image

カメラ散歩もテンションあがる景色とお食事と、趣きのある建物。

窓前に広がる緑たちと山や空を臨む開放感。

とっても落ち着ける素敵なカフェでした。